魅力が凝縮されたアメリカ土産☆

2010.02.28 Sun

本日は、旧暦の115日。

伝統的な考えによると、
この15日までが旧正月(春節)
と言うことになるそうだ。

ま、わが夫の場合は、
旧正月連休もまだ半ばと言うのに
嫁を独り残して“米の国”へと
旅立ってしまったのだが。

そんなダーリンが、
先日ようやく戻って来た!

全文を読む

台湾プチ?セレブのウエディングに潜入

2010.02.27 Sat

昨日、結婚ネタを書いたので
ツイデと言ってはなんだが、
今年に入って最初に私が参列した
知人の結婚披露宴について
ご紹介したいと思う。

私が語学学校に通っていた頃、
日本語の家庭教師をしていた
時期があったのだが、
その時の教え子・・・ではなく、

教え子のさんが
今回メデタクご結婚されたのだ。

全文を読む

祝!小春に、ようやく春が♪

2010.02.26 Fri

今更書くのもどうかと思ったのだが、
やはりメデタイ記事なので、
皆さんに祝福して頂く意味でも
ご紹介したいと思う。

香港出身の歌手兼俳優である
小春(こはる)こと、
陳小春(ジョーダン・チャン)42歳が
この度、ようやく結ばれたのだ!
お相手は、台湾出身ながらも
主に香港で活躍している16歳年下の
女優、應采児(チェリー・イン)である。

全文を読む

淡水一級古跡と、不届き者。

2010.02.25 Thu

昨日は、“Seesaaブログの
いつまでやるのメンテナンス!”により、
読者の皆さんには、
大変ご迷惑をおかけ致しました。
勝手にズルズルとメンテ時間が延ばされる中、
わざわざお越し下さった皆様に、
お詫びとお礼を申し上げます。
 

では、そろそろ紅毛城の話を。

 

実際に訪れてみるまで、

この建物についての歴史を
何一つ知らなかった無知な私。

実は、一級古跡(国定古跡)
指定
されていると言う、
かなり貴重な
要塞なのだそうな。

 

このツタが張り巡らされた門が

入り口となる。

全文を読む

淡水“情人橋”の伝説は・・・

2010.02.23 Tue

旧正月も終わり、
中華圏民にとって昨日は、
“仕事始め”!

と言うことで、
汐止市でも朝からアチコチで
爆竹が鳴り響いておりました。

新年の商売繁盛を願って、
関係のあるあらゆる神様
お供え物をして
お参りするのは
良いことですが、

全文を読む

旧正月は、家族でR指定映画でも・・・

2010.02.21 Sun

長いようであっと言う間だった
旧正月9連休が
今日で、名残惜しくも幕を閉じる。

今年は、あいにくの寒波の影響で
気温は下がるわ、雨はシトシト降るわで
外出もままならない日が続き、
少々ウンザリ気味だった台湾人。

その代わり、
映画館、デパート、
ショッピングセンターに至っては、
そんな欲求不満のT民族たち
次々と福を落としていったようで、
売上高が2割増となったそうな。

全文を読む

淡水河の風物詩

2010.02.20 Sat

淡水の街に来たものの、
市場や老街、そして教会を散策したりと
肝心の“淡水河”
目にしていない
我々一行は、
長い道草を経て、
ようやく淡水の川岸
辿り着いたのだった。

becky'sblog0220-11.jpg

全文を読む

淡水が誇る二人の偉人

2010.02.19 Fri

淡水駅から『紅毛城』を目指し
歩き出した我々は、その道すがら
台湾臭さがプンプン匂う
伝統市場へと、つい迷い込んで
しまったが最後・・・。

やっとのことで市場の迷宮から
抜け出した時には、
立ち寄るハズだったお寺はドコへやら?
そして、ここはドコかしら?

ってな状態に。たらーっ(汗)

ここで一旦地図を見直すと、

どうやら、お寺は

何時しかスルーしていた模様。

「しかし、紅毛城への道はまだ長い!
ここで引き返していては日が暮れる」
と判断した我々は、
止む無くお寺は諦め、
前方に見える『淡水老街』の標識を
新たな目標物とし、更に歩みを

進めることにしたのだった。

全文を読む

市場に、赤パンツのレスラー出現!

2010.02.18 Thu

ちょっと日付が戻りますが、
縦貫線コンサートが行われた日。
せっかくなので、昼間は市内観光
繰り出すことにした我々。

台北には、もう何度も訪れている
友人たちではあるが、
その目的の多くが
コンサート絡み
という事で、
まともに観光した事が無いそうな。

そんな彼女たちのリクエスト
により向かった先は、淡水

全文を読む

飾らない!これぞ庶民の正月料理!

2010.02.17 Wed

昨日(15日)、久々にスーパー
『全聯福利中心』を覗いてみた所、
店の前に大量に置いてある
大売出しのチラシを発見。

当然、“初売り”の宣伝だろう
と思い手にしたのだが・・・
売り出し期限が
210日213日までと
なっているではないか。

流石は、いつまでも季節外れの
クリスマスツリーを飾っておく
習慣のある台湾だ。
期限切れの広告なんて
全くお構いナシ!
と言うわけなのだろうか。

全文を読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。