一年前の大晦日は・・・

2014.02.07 Fri

私の台湾での大晦日の過ごし方。

夫の実家で晩ゴハン(年越し料理)を食べて、
義母チョイスのTV番組を一緒に見て、
一足先に
義母が寝静まったのを見計らい、
小姑たちと映画を鑑賞しながら年を越す!

正直、私にとっては、
苦行でしか無い・・・
と言うのが本音であります。

しかも、この後、
“お泊りと言う過酷なオプションが
待っていますしね・・・。

何が過酷なのかと言うのは、
イチから説明すると長くなるので、
ご存知無い方は、
過去ログをお読みください。

家族団らんの時、
見たいTV番組の好みや
笑いのツボが合わないと言うのは
結構辛いものがあります。

嘗て、中国や台湾の友人宅で、
その家族の方々と一緒に年を越した事が
何度かあるのですが、
「所変わると、こーも違うものか!」と
羨ましく思います。(笑)

いやいや、そんな事を言っても、
映画を観られるのだから、
良いではないかっ!

と、思うかもしれませんが、
それは
大きな間違い!

別に映画の好みが合わない
わけでは無いのですが・・・。
小姑たちは、映画に関しては、
選り好みする事なく、
割と何でも見るようなので。(笑)

映画チャンネルでやっている
新作を観る事もあれば、
レンタルしてきたヤツだったり、
昨年は、偶々我々が持参した映画を
観る事になったりと。

しかし、
小姑たちと一緒の映画鑑賞には、
落とし穴が・・・。

と言うわけで、最も記憶に新しい
昨年の大晦日の出来事を例に、
ご紹介したいと思います。

※今年から、彼らと一緒の映画鑑賞は
お断りする事にしたのです。(笑)


夫の実家へ向う途中、
DVD
ショップに立ち寄り、
『低俗喜劇過去ログ参照』のDVD
購入した我々夫婦。

別に、夫の家で鑑賞しようと思って
購入したわけでは無いのですが・・・。
小姑たちはまだ観ていないと言う事で、
一緒に鑑賞する事になったわけです。

観客は、ズバ子とナースチャン、
デパガ、我々夫婦の5人。
あ、それから
立ち見客が一名
いらっしゃいました。

義父です。(笑)

正確に言うと、
義父は早寝なので観客ではなく、
ただ暫く
その場にいた、
と言うだけです。

確か、「私はもう寝るから」と言って、
一旦は、“ハケたんですよ!
ところが、何か忘れたのか、
映画が始まってから、またフラ〜っと
リビングに顔を出したわけです。
私は映画に集中していたので、
義父が何をしていたのかは
記憶に無いのですが・・・。

と言うわけで、
一つ目の落とし穴!

義父は、映画を観ている人の前を
平気でウロウロするのです。
ゆーっくり何度も往復しながら、
時に、その場に立ち止まったり!

我々が笑っているのを見て、
「ん?広東語?
ベッキーは広東語が分かるのか?」と
私の真ん前に立ち、
つまり、TV画面の前に仁王立ちになり
真顔で聞いてきたり!

あの・・・お義父さま、画面に
思いっきりカブってますけど!(笑)
字幕が見えなきゃ広東語が
理解できないんですけど・・・。(笑)


そういや、こちらの方は、
割と平気で人の前に立ったり
通過したりするような・・・。

人の前を横切る事は、
勿論台湾でも失礼な行為だと
わが夫は言うのですが・・・。
「家族、友人、仕事関係・・・とにかく、
知り合いの前だったら全然気にしない!
社長でも構わないかな!(笑)
でも、映画館だったら気をつけるよ。
腰を屈めて早足で通るようにする」
だそうです。

あくまでもこれは、
夫の見解ですけどね。

ただ、私としては、
例え家族の前であろうと
少しは気にして欲しいなぁ・・・て。(笑)

私は、義父母の前だろうが、
小姑の前だろうが、
未だにも実行しておりますよ。
「ちょいと前を失礼しますね!」と言って、
(映画などを見ているのならば小声で・・・)
軽くお辞儀した後、彼らの視界を遮らないように、
できるだけ腰を屈めながら急ぎ足で!

ま、こういった動作は、
身体に染み付いているから
どうしようもないだけなんですけど・・・。(笑)

続いて、二つ目の落とし穴!
映画鑑賞中だと言うのに、
話し掛けてくる人物がいます。

ナースチャン!

映画の内容に直接関係のある話なら
まだイイんですけどね。

彼女の場合は、
劇中に起こる出来事を例に、
話を膨らませていくのが好きみたいで、
自分の体験談を
長々と話してくるのです。
しかも、話せば話すほど
脱線していき、
とにかく、話に花を咲かせるのが
お好きなみたいなのです。

ま、彼女のこう言った行動は、
映画鑑賞中に限った事では無いのですが・・・
迷惑、この上ない。

三つ目の落とし穴は、
上映中ずっと、メールの着信音が
鳴りっぱなしな事。

これまたナースチャンなのですが・・・。(苦笑)

年末と言う事で、新年のご挨拶メールが
ひっきりなしに送られてくるのでしょう。
一度や二度ならスルーできますが、
5分〜10分に一度、
着信音が鳴るのは勘弁して欲しい。

悲劇ですよ!(涙)

マナーモードにしておく
と言う選択肢は、
彼女にはないようです。(苦笑)
恐らくこれも、
映画館じゃあるまいし、
自宅なんだからイイだろう
と言う考えに基づくのでしょうけど・・・。

4
つ目の落とし穴は、
鑑賞中、肩たたきで、
背中をドンドンと叩く事です。(笑)

もう敢えて誰かとは言いませんが、
肩を叩いていない時は、
メールのやりとりをしていると言えば、
お解り頂けるかと・・・。(苦笑)

以上、こういうわけなので、
夫の家族と一緒に映画を観ても、
気が散るばかり!
雰囲気はぶち壊し!
よって、ちっとも鑑賞にならないのです。

因みに、映画を観る時の態勢ですが、
あの例の幼稚園児が座るような
小さい椅子、或いは風呂椅子に座って
観ると言う・・・。


COMMENT
〉「所変わると、こーも違うものか!」

そんなパラダイスなところがあるんですねぇ
一度でいいから行って見たい^^;

撮影した日本の旅行を見たいというからわざわざカメラ本体と接続コードを持ってローカルなテレビに繋げたところ、数分で飽きた親戚の方々はトランプに興じられたり
必ず姑が派手なケーキを買って皆に振る舞うのだがひと口食べるのも辛い味だったり
散歩に夕方誘われ近場とタカをくくってたらすごい遠い碧潭まで連れて行かれひたすら歩かされること四時間強という

私も夫の実家は体重落ちるくらいハードです( ^ω^ )
Posted by sawa at 2014年02月07日

うーんうーんうーん・・・。

T民族系家族に対するベッキーさんの気苦労が
ヒシヒシと伝わって来ます。

メゲずに、ファイトォ!^^ゞ
Posted by ume at 2014年02月07日

すみません、大変ご無沙汰しておりました。
ブルーサンデーもですが、年末年始は殊、苦行ですね(笑)。
映画鑑賞改め、人間観察、今年も冴え渡ってます。
純粋な、映画鑑賞は、ご主人といるときに楽しんでください。
にしても、
異文化圏の行動様式(自分も中華圏が主ですが)に接すると、
日本人同士なら、当たり前の動作や気遣いがどういうふうに自分には染み付き、また、日本でも常識として一般に浸透しているのか、不思議になります。
Posted by babaozhou at 2014年02月11日

★sawaさんへ

そういえば、sawaさんの義家族も、
所謂典型的なTHE台湾・・・でしたね。^^;
sawaさんのエピソードですが、単語を変えるだけで、
そっくりそのまま私のエピソードと重なります!(笑)

パラダイスな所、意外とあるものです。(笑)
世代の違いなのかもしれないなぁと、知人の家族を見ていると思うのですが。
私の友人知人の義家族は皆、夫の家族と比べるとずーっと若いんですよ。
そういや、義母の弟さんたちとは、ちゃんと会話が成り立つし!(笑)
わが義家族とも、歳が近かったら、もう少し分かり合えるに違いない、ザンネン!
と独りで納得しようとしている私なのでした。(笑)
Posted by Becky at 2014年03月04日

★umeさんへ

温かい励ましのメッセージ、ありがとうございます。
もし全ての台湾人がみーんな、わが台湾家族みたいだとしたら、
私もあーなるしかないな、と諦めるんですけどね。(笑)
実際、あーいうタイプは一部(半分?笑)であって、
我々と感覚がすごい近い人たちもいらっしゃるので、
あーいうのに慣れるわけにはいかないな、と思い、
反抗し続ける私なのでした。(笑)
Posted by Becky at 2014年03月04日

★babaozhou さんへ

お久しぶりです。
読んで頂けるだけでも十分有り難いので、
コメントまで頂けて、とっても嬉しいです。

>ブルーサンデーもですが、年末年始は殊、苦行ですね(笑)。
私にとっての最大の難関は、やはり“お泊り”です。^^;
一応私も、毎年何かしら学習しているようで(笑)、あの悪環境の中、
なんとかして眠りにつく術を最近漸く編み出したのですが、快眠とまではいかず・・・。
わが夫でさえも、自宅に着くなり「ちょっと仮眠させて」と要求する始末で・・・
他所のお宅に泊まると言うのは慣れませんね。お宅にもよるのでしょうが・・・。(笑)

>映画鑑賞改め、人間観察、今年も冴え渡ってます。
本当ですか?そんな風に言って頂けると嬉しいです!

>日本人同士なら、当たり前の動作や気遣いがどういうふうに自分には染み付き、
>また、日本でも常識として一般に浸透しているのか、不思議になります。
異文化に触れる事で、自分や自国を客観的にとらえる事ができるからか、
日々面白い発見がありますよね。でも更に突き詰めていくと、
単なる個々の異文化に過ぎなかったりで、ガッカリする事も・・・。(笑)
Posted by Becky at 2014年03月04日

NAME:

MAIL:

URL:

COMMENT:



*画像の中の文字を半角で入力してください。

※本記事の趣旨に反する、或いは無関係なコメントが続いた場合、
管理人の“独断と偏見”により、削除等の何らかの対応を取らせて頂きます。
ご了承ください。m(_ _)m
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。