得体の知れない付着物

2014.04.06 Sun

前回の話には、
実はまだ続きが・・・。

義母の突然の思いつき・・・
いや、ご好意によりお譲り頂いた
例のチェコ土産!飲泉カップですが、
間近で実物を目にした時の
私のの第一声は、
「ギャッ・・・」でした。(笑)

カップの保存状態がですね、
予想以上に衝撃的だったのですよ!

ツルッとした白い陶器の表面に、
茶色い斑点が出来ていたのです。

それは、カップの表面だけでなく、
内側にも及んでおりまして、
更には、78個ほどある残りのカップにも、
同じ斑点が確認されました。

害虫の仕業か?カビか何か?と
一瞬疑ってみたのですが、幸い、
虫さんは検出されなかったので、
ちょっと一安心。

とは言え、触ってみると、
ちょっとザラザラしていて、
少し粘り気があり、
そのせいでカップ全体が
にちゃにちゃするのです。

気持ち悪いのなんのって!

いったい何なのか?

因みに、そのカップたちは、
義父母の寝室にある
木製の戸棚の中に保管してありました。
そこで、わが夫が推測するには、
戸棚に使われた塗料
附着したのではないか!と。

私はこれまでそのような経験が無いので、
全然ピンと来ないのですが、
湿度の高い台湾だからこそ、
あり得る問題なのでしょうか??

それとも・・・ヤニとか??

一方、夫の推測を聞いていた
義母ご本人の第一声はと言うと、
「戸棚の中に入れてあるのに、
どうして汚れるのよ?」

でございました。

大変腑に落ちない様子で、
難しい顔をして、小首を傾げたまま
暫く固まっておりましたが・・・。

確かに“戸棚”と言うだけに、
扉がついているわけですから、
多少の埃なら防げるでしょう。
でも、だからと言って、
戸棚の中のモノが永遠に安全(=清潔?)だ
と信じている所は、やはり楽観的と言うか、
如何にも義母らしいなぁ、と。(笑)

それに、そもそも、
戸棚の中に入れる前に、
その戸棚自体はキレイだったのか?
はたまた、そのカップには、
汚れはついていなかったのか?と、
密かに疑う私なのであります。(笑)

それはそうと、
(危うく肝心な事を書き忘れる所でしたが)、
人にモノをプレゼントする前に、
その保存状態に関しては、
全くの無頓着と言うのが、
如何にも・・・ですね!

ま、今回に限った事ではありませんが!

突然の思いつきとは言え、
私がリビングの扉を開けた途端、
「ベッキー、このカップ要る?」
と言ってきた義母。
つまり、私との話の流れから
突然そうなったのではなく、
事前に私にプレゼントする
つもりだったと思うのです・・・。

それならば、
カップの保存状態を事前に確認したり、
必要があれば洗っておくなり、
とにかくキレイな状態でお譲りするのが、
少なくとも私の実家では常識なのですが・・・。

やはり、わが台湾家族とは、
見栄を張るポイントが、
ことごとく異なるようです!(笑)


COMMENT
ようは、、、

おおらか、ということ???

いちおう、いい方に解釈してみた。
いちおう、ね。(笑)
Posted by yu-yu at 2014年04月06日

我が家にも色の落ちる扉があって拭いていたら真っ白な雑巾がどんどん染まって驚きました(;^_^A

台湾人でも日本人以上に清潔な方もいますよね、内外省人問わず。そういうご家庭ではそれはそれで息が出来ないくらい大変らしいです。ウチの台湾家族もおおらかなほうでプレゼントに茶色の酸化跡のある本やゴミのような食器とかシミがある洋服とか頂いたことがあります。日本の感覚だと嫌がらせか!とか勘ぐりますよね。最近やっと中古でも使用できるモノなら嫁に分けてあげようと考えているんだなと思いました。で思ったのは嫁として姑を何処まで再教育出来るか…一つも出来ていないんですけどね(>_<)
Posted by sawa at 2014年04月07日

「給」は「給」でも、
「あげる」というよりは「くれる」という感覚でしょうか。
もっといえば、嫁=自分の娘という感覚で接してくれているのかも(笑)!
Posted by babaozhou at 2014年04月09日

★yu-yuさんへ

“いちおう・・・”(笑)
よく言えばおおらか、悪く言えば・・・
って事なんでしょうかね。^^
Posted by Becky at 2014年04月18日

★sawaさんへ

飲食店とか行くと、色落ちするテーブルとかありますしね。^^;
今回の戸棚に関しては、色落ち?では無いかもしれないんですけど!謎です。(笑)
>台湾人でも日本人以上に清潔な方もいますよね
その逆もありますしね!(笑)台湾人以上におおらかな日本人もいますしね。要は、割合的に日本人は神経質な人が多く、台湾人には“おおらかな人”が多いって事なのでしょうね。^^
>日本の感覚だと嫌がらせか!とか勘ぐりますよね。
私は結婚する前から“いちおう、おおらか文化”については存じていたのと(笑)、夫の家族の性格上“嫌がらせ”の可能性は低いので、親切でしてくれていると言う事は幸いすぐに理解できたのですが、・・・だからと言って・・・って事になりますよね。(笑)ありがた●●と言うのが一番厄介ですね。(笑)
>嫁として姑を何処まで再教育出来るか
す、すごい!私なんて最初から諦めておりますよ・・・。^^; その代わり夫の再教育は順調かな。(笑) お互い頑張りましょう♪
Posted by Becky at 2014年04月18日

★babaozhouさんへ

確かに!確かに!(笑)
台湾人ってオープンな方が多いですしね。^^
と言うことは、わが義母の問題は・・・単に“汚いものに鈍感”って事なんでしょうかね。^^; 私の母は、実の娘にモノをくれる時でも、一応点検して必要があればキレイにしてからくれるので・・・。最終的には、性格の問題なんでしょうね。^^
Posted by Becky at 2014年04月18日

NAME:

MAIL:

URL:

COMMENT:



*画像の中の文字を半角で入力してください。

※本記事の趣旨に反する、或いは無関係なコメントが続いた場合、
管理人の“独断と偏見”により、削除等の何らかの対応を取らせて頂きます。
ご了承ください。m(_ _)m
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。